2019年03月19日

宝塚大劇場月組公演観劇

20190319214311550.jpg20190319214305619.jpg

嫌な予感は当たらなかった!(笑)

土臭く武骨な宮本武蔵はやっぱり月組でしかやれない!✌

面白かった!⤴️

ただし、吉岡一門、宍戸梅軒、そして、肝心の佐々木小次郎との戦いの場面はアッサリし過ぎ!
もっと長くて迫力の殺陣を期待していたけど!(笑)


宮本武蔵とお通の心を通わす場面がもう少しあっても良かったと思う。

朱美の役ももっと膨らましても良いけど、そうなると時間が足りないなぁ💦





タイが舞台のショーも楽しかった!🎵




トップコンビの結婚式のシーンはお披露目らしくて良かった💕


そして、銀橋での美弥ちゃんの黒燕尾姿が素敵だった!


今日は明日海りおさん、仙名彩世さんのトップコンビを始め、ちなつさん、あきらくん、りりかさんなど花組生が観劇で眼福だった!


ただし、トップコンビに気がついたのは、ショーの開始前😅


posted by 美月 at 21:43| 大阪 ☁| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

2019年の初観劇

20190107194541605.jpg20190107194533403.jpg20190107194524076.jpg
posted by 美月 at 19:46| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

宙組博多座「黒い瞳」ライブビューイング

初演の月組が一番好きな「黒い瞳」

再演の雪組版も好き!

男同士の絆に泣ける!

宙組もゆりかちゃんと愛ちゃんコンビにも期待大!

でも、博多までは行けないと諦めていたら、2月24日15時30分公演がライブビューイングで見られるらしい!

早速、先行抽選に申し込んだ。
はてさて、当たるかな?

DD538F29-5DBC-46AC-8930-3D263F0A3D07.jpg
【 画像はお借りしました 】
posted by 美月 at 01:42| 大阪 ☀| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

ちゃぴちゃん!ミュージカル「エリザベート」主演決定!

やっぱり!来ました!ちゃぴちゃんのミュージカル「エリザベート」主演!

 

私が観たいパターンは

エリザベート…愛希れいかさん

トート…古川雄大さん

ルキーニ…成河さん

フランツ…平方元基さん

ルドルフ…京本大我さん

ゾフィー…香寿たつきさん

 

 

【 以下、ステージナタリー記事より引用 】

 

 

 

2019年6月7日(金)〜

8月26日(月)
東京都 帝国劇場

脚本・歌詞:

ミヒャエル・クンツェ


音楽・編曲:

シルヴェスター・リーヴァイ


演出・訳詞:

小池修一郎

キャスト

エリザベート

(オーストリア皇后):

花總まり / 愛希れいか


トート

(黄泉の帝王):

井上芳雄 / 古川雄大


ルイジ・ルキーニ

(皇后暗殺者)

山崎育三郎 / 成河

フランツ・ヨーゼフ

(オーストリア皇帝):

田代万里生 / 平方元基


ルドルフ

(オーストリア皇太子):

京本大我 / 三浦涼介 /

 木村達成


ルドヴィカ / マダム・ヴォルフ:

未来優希


ゾフィー(皇太后):

剣幸 / 涼風真世 / 

香寿たつき

posted by 美月 at 22:06| 大阪 ☀| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

雪組『ファントム』大劇場千秋楽

いよいよ本日、大劇場公演千秋楽!

 

これまでの『ファントム』が苦手で、今回の公演も観ないつもりでチケットも手配していなかった。

しかし…舞い降りたチケットで運良く役替わりも観ることが出来た。

そして、何よりもこれまでの『ファントム』のイメージを覆す、素晴らしい『ファントム』に感動!

 

ありがとうございました!

 

【 画像はお借りしました 】

posted by 美月 at 08:54| 大阪 ☁| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

雪組『ファントム』マイ楽

久しぶりの『ファントム』
2回目にしてマイ楽!

今回は役替わりのBチームとなる。
フィリップ伯爵はアーサ。

翔くんのフィリップとは全く違うアーサ。

翔くんは、穏やかで優しい伯爵。
女性にはモテるけど、遊び人ではなくて、誠実さが感じられて、自ら動かなくても、周りがほって置かない感じ。

アーサは、自信満々!
全て自ら動いて物事を意のままにする感じ。

本当に全然違う!

そして!支配人役の翔くん!
少し弾けた濃い感じが良い!
カルロッタとのやり取り…アドリブの返しも上手くて、カルロッタの尻に敷かれながらも、長年の夫婦感が出ていて、最高!
上手い!💕

ちぎちゃん時代の『るろ剣』や『ローマの休日』の経験が生きている。

アーサの支配人は、印象が薄くて、カルロッタとの夫婦関係も何だか分かり辛かった。
これは、私が観たのが初日から間がなかったから仕方ないかもしれない。

役の振り幅は、翔くんが一枚も二枚も上手に思う。

どちらが好みかは、個人的なものなので…悪しからず。

役替わりを楽しめた『ファントム』
歌劇団の術中にまんまとハマっている!(笑)


20181212190931833.jpg
posted by 美月 at 19:09| 大阪 ☀| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

宝塚OG ロイヤルホースライブ

11B038EB-62A0-43FB-A027-EEC5EC0D8AD1.jpeg

ロイヤルホースライブ、デージィーズドリームライブ2観劇。

一部で既に大盛り上がりと感動のライブ!
素晴らしい歌の数々!❤️

沢田研二の勝手にしゃがれ、中島みゆきの糸
ファントムのホーム、エリザベートの私だけに
安室奈美恵ソングなどなど!!

二部もバラエティーに富んでいた❤️

クリスマスソング、懐かしいウィンクの淋しい熱帯魚や桃色吐息や見上げてごらん夜の星をなどなど!
毬穂えりなさん、麻樹ゆめみさんのハーモニーが素晴らしい!

ソロ、デュエットそれぞれに美しく、心に響く歌声が素晴らしかった!

客席には、はやみ甲ダンスカンパニーのカヨンさんやOSKOGの平松沙理さんの姿もあり、豪華!

楽しくて、素敵な時間は、あっという間だった❤️

72E0840A-0E99-4D97-869A-C9BB68B5CDA4.jpeg
posted by 美月 at 09:26| 大阪 ☔| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

宙組公演観劇「白鷺の城」

美しい舞台だった。

陰陽師と妖しい狐の数百年におよぶ恋の物語。


平安絵巻の雅から民衆の群舞までをあっという間で見せる。

和物レヴューとしては、宙組では初めての上演で、和物の芝居は「美しき生涯」以来の7年ぶりの上演。


薮下哲司氏のブログで、下級生の所作の化粧が云々とあったけれど、予備知識有りで観たので、思った程には酷くないと思った(苦笑)


トップ真風涼帆さん、2番手芹香斗亜さん、雪組出身の純矢ちとせさん、凜城きらさんはさすがの所作と化粧。

また、3番手の愛月ひかるさんもさすが!

長く垂らした黒髪と憂いを帯びた演技が良かった!

短い時間ながら、専科の松本悠里さんの葛の葉に対する想いを相手にしっかりとした存在感をみせてくれた!


しかし…この葛の葉の松本悠里さん…。

台詞と言うか、心の声が全て録音だったので、興ざめだった。

心の声に録音を使うことは、ままある事だけど、全て録音にしなくても良かったと思う。


今回は和物に不馴れな組子がほとんどの宙組だから、舞の名手である松本先生にご登場願ったのは、想像に固くない。


しかし、私の目には、この松本先生だけが浮いた感じに見えた。

それは、周りとの技量の差が歴然としているから…。

でも、技量だけではなく浮いて見えた。

そこに存在しているのは、葛の葉ではなくて、松本先生そのもの。


私はこの葛の葉は、せーこちゃんで良かったと思う。

何も松本先生でなくても、充分過ぎると思う。

芝居巧者のせーこちゃんだったら、台詞もきちんと話せて、葛の葉の情感もしっかりと出せたはず!


それが残念でならない!


そして、最後に…この「白鷺の城」で一番良かった場面はラストの民衆の群舞。

祭りの生き生きとした感じが伝わってきた!


宙組で和物レヴューを上演するならば…民謡メドレーのようなパワフルな舞台が一番似合う!


大野先生!このような陰陽師と妖艶な狐の平安絵巻は、雪組でなければ、無理がありますよ!

又は、花組でなければ務まりません。


宙組は徐々にならさないと…。

次回の和物は、是非とも、民謡メドレーでお願いします!(笑)




【モバイルタカラヅカより引用】


白鷺(しらさぎ)の城(しろ)


大野拓史(作・演出)

主演:真風 涼帆、星風 まどか

特別出演:(専科)松本 悠里


絢爛たる平安の都で始まった、白皙の貴公子、陰陽師・安倍泰成と、艶やかに人心を惑わす妖狐・玉藻前の対決は、時を越え、場所を変え、豪壮たる名城「白鷺の城」で終に決着の日を迎える。


千年に亘って転生を繰り返しながら、争い、そして魅かれ合う陰陽師と妖狐の宿縁を、時に雅やかに、時に妖しく描く、日本物レヴュー。


20181009203223464.jpg
posted by 美月 at 20:32| 大阪 ☀| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

月組「エリザベート」新人公演観劇

1本物の大作をコンパクトにまとめた樫畑先生!さすが!
構成上、一つだけ残念だったのは、ヴェインディッシュ嬢の場面が、ばっさりとカットされていたこと。
 
それ以外は期待に違わぬ見応えのある新人公演だった。
 
始めこそ、シシィ、フランツ、ゾフィーらに緊張感があり、エンジンがかからない感じだったけれど。
特にシシィの幼い頃は硬い感じが強かったかも!
だけど、中盤から後半はグングンと良くなった。
 
トート閣下とルキーニは、登場から本役と言っても過言ではない。
特にトート閣下は歌唱力抜群!存在感抜群だった。
本役のトート閣下はビジュアル的には、一見冷たく感じるけれど、歌は優しくて温かいトート。
個人的には、アリちゃんトートのほうが冷たく孤独感もあり、断然好みだ。
 
ルキーニは本役さんよりも、狂気が溢れていた。
登場から、目がイカレテいた。
 
そして、マデレーネの冷たい色っぽさも最高だった。
さらに、マダムヴォルフも力強さと色気はなかなかのものだった。
 
終演後に聞こえて来た誰かが、もう一つの役替わり公演と言っても良いと言っていたけれど…まさにその通りだと思った。
 
20180917144801341.jpg
posted by 美月 at 14:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

花組「メサイア」新人公演観劇

素晴らしい新人公演に感動!
 
先ずは、主演の聖乃あすかさんは、真ん中に立つべくして立ったという感じのスターオーラが満載!
歌の不安も吹き飛ぶオーラ!(笑)
リノを牢獄から逃がす場面の最初に、台詞を噛んだのもご愛嬌!
 
そして!リノ役に抜擢された一之瀬航季さんが、非常に良かった!
歌も上手い!
さらに、何よりも芝居が上手い!
個人的に、カレー君のリノよりも、一之瀬君のリノが好きだ。
それは、堪え忍ぶリノの悲しみが伝わってきたから。
そして、心の奥底に温かいものが溢れるリノ…隠れキリシタンとして、南蛮絵を書いている事に納得出来る演技だった。
 
ヒロイン流雨の舞空瞳さんも透明感溢れる雰囲気で、胸の奥に強いものを持っていて、良かった。
 
さらに、注目の松倉勝家が最高!
期待以上の憎々しさ!
ちなつさんとは一味違う悪藩主!
冷たさがより勝っていた。
メイクをした顔は、帆純まひろさんとは分からない感じ!
 
そして!そして!新公の長、松平信綱の飛龍つかささんが素晴らしかった!
これも個人的に、マイティーよりも好きだ!
強く、温かい信綱。
特に、原城攻めの時に3日間リノを待ち、リノが来なかった時の台詞「来なかったか…」
 
本当に温かい心でリノを待ち、来なかった時の信綱の落胆がジワジワ胸に迫った。
最高!
 
そして!最後の新公の長としての挨拶も良かった!
 
感動の花組新人公演だった!
 
 
20180801085636204.jpg20180801085630721.jpg
posted by 美月 at 08:56| 大阪 ☀| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。